糸空会副代表の青代です。

8月20日に行われた保護者説明会でお話しさせていただいた

公益社団法人日本空手協会(JKA)入会についてです。

今年の初めあたりから糸空会の指導者の間で何度も会議を開き、今後の道場のあり方について
議論を繰り返して参りました。

我々指導者の心を突き動かしたのは、子供たちの熱いまなざしです。

「糸空会道場に通い一生懸命稽古に励む子供たちに何を与えてあげられるのか・・・」

「3年後、5年後、10年後にこの糸空会道場はどんな形になっていたいのか・・・」


代表の猪又は忙しい仕事の合間を縫ってあちこち奔走しました。

そんな我々に親身になって相談に乗って頂いたのが、上越市の直心会の齋藤隆雄先生でした。

『すぐにはJKAの団体登録は出来ませんが、直心会が皆さんを預かります。稽古に励んで団体登録に必要な資格取得に努めて下さい』と言うありがたい言葉を頂きました。

7月9日(日)に長岡市で開催されたJKA新潟県本部の支部長会議の席に猪又、青代の2名で出向き、最高顧問の加納先生、本部長の市橋先生にご挨拶させていただき、各支部長から承認いただいたところであります。

今、我々指導者は、それぞれの立場でJKAの段位取得のために道場は勿論の事、道場以外のところでも稽古に励んでいます。

【JKA糸空会】として独自に昇級審査が可能になるまでは、早くても約1年半くらいかかるかと思います。
当面は、直心会の生徒と共に上越市で昇級審査を受けることになりますが、指導者一丸となって前進いたしますので保護者の皆様のご理解とご協力を切に望みます。

尚、糸空会道場の通常稽古は今まで通り変わりませんが、変更点等があればその都度お知らせいたします。

押忍。


公益社団法人 日本空手協会については下記HPをご覧下さい。
https://www.jka.or.jp/

yjimageCLRKHTHW